上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

           いつもご覧頂きありがとうございます!
      みなさんのブログにもおじゃまさせて頂いていま~す!
         今日もいろ~んな人がつながりますように!


オーガニックライフ仲間はこちら   ★ ★ スローライフ仲間はこちら
今日は昼から母は父と一緒に病院へ行った。
今回は抗癌剤を受けないことを伝えた。

母は、2007年7月初めにお腹が膨らんできて病院へ行った。
色々な検査を行い、検査結果が出たのが7月末。
その間にお腹はどんどん膨らみ、
3子ちゃんが生まれるのかと思うくらいのお腹になっていた。
検査結果は「卵巣がんのステージ4だろう」とのことだった。

癌がお腹中に散らばっており、手術ができる状態ではない。
抗癌剤をやらなければ1ヶ月もつかどうか、、、。
しかし、ベットがいっぱいで3週間先でないと入院できないと言われ唖然とした。
「すぐに入院できるように何とかお願いします」と懇願し、
先生も3週間も放っておいたらもう死んでしまうと思ったのか、
すぐに入院できる手配をしてくれた。


           いつもご覧頂きありがとうございます!
      みなさんのブログにもおじゃまさせて頂いていま~す!
         今日もいろ~んな人がつながりますように!


オーガニックライフ仲間はこちら   ★ ★ スローライフ仲間はこちら 8月の初めに入院し、すぐに抗癌剤治療が始まった。

この頃はまだまだ自然療法のこともあまり詳しくなく、
色々な本を読みあさり、手探り状態で自然療法も開始。
(母の今の状態は西洋医学の即効性の力を借りないと、
とてもじゃないけれど間に合わないと思ったので、
抗癌剤もいたしかたないと思ったが、
免疫力を下げてしまうというのはなんとなくだけれど知っていたので
並行して玄米菜食、ニューウェイズのサプリメントとフコイダンを飲ませ、
こんにゃく湿布、ビワの葉温灸などを行った。)

抗癌剤を投与し、3週間あけてまた投与。
抗癌剤の害について知った母は、抗癌剤を続けることを悩んだが、
本で知った東洋医学も取り入れてホリスティック医療を行っている病院へ行き、
信頼できる先生に「それだけ抗癌剤が効いているのならば、絶対に続けるべきだ」
と言われ、その後、年末まで5クール行った。

その後、癌細胞が小さくなったので、
取れるものだけ取ってしまおうということで、
ずいぶん悩んだが、1月に手術で卵巣や虫垂などを摘出。
その後も駄目押しの抗癌剤を2クールを行い、3月に治療終了。
先生は4クールくらいやった方がいいと言っていたが、
免疫がこれ以上落ちるのを恐れ終了した。

その後は玄米菜食、手当てなどを続けかなり快復し、
元気になったのだが、9月頃から気がゆるみ、外食が増え、
サプリものまなくなり、手当てもしなくなった。
そして、抗癌剤の効果が切れると言われている
6ヶ月から2ヶ月ほど過ぎた2008年11月末に再発。

再発の原因がわかっているのだから、ありがたいことだ。
あとはやるのみ!

自然療法は厳しい。自分に甘くてはできない。
そして、周りの協力も必要だ。
抗癌剤を受けないということは、自然療法を必死でやらねばならない。
私も、母も、そして父も、みんなが必死で頑張らなければならない。
少し気を抜くとすぐに調子が悪くなる。
癌との競争だ。自然療法の難しさを実感する。
でも、楽しさもある。母と一緒にいられれる幸せ。
母のお世話をできる幸せ。ありがたい。
神様有難うございます。
今日も一日無事過ごすことができて感謝いたします。

今日は、昼間病院へ行ったため、手当てができなかった。
やはり、ちょっと調子が悪い。お腹も少し大きくなった気がする。
明日は3回頑張るぞ!


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。